KSACロゴ

JST「大学発新産業創出プログラム(START)<大学・エコシステム推進型
スタートアップ・エコシステム形成支援>」における令和3年度(補正予算)による
増額支援が決定しました

京阪神スタートアップ アカデミア・コアリション(KSAC)は、令和3年度より、国立研究開発法科学技術振興機構(JST)「研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム<大学・エコシステム推進型 スタートアップ・エコシステム形成支援>」(※1)の採択プラットフォームに選定され、起業活動支援(GAPファンドの運営)・アントレプレナーシップ教育・起業環境整備・エコシステム形成活動を統合的に進めています。
この度、KSACは、JSTの募集する、同事業における令和3年度(補正予算)による増額支援に応募し、増額支援が決定されました(※2)。

KSACは、令和3年度(補正予算)による増額支援を受け、研究開発費(GAPファンド)の充実など事業化に向けた起業活動支援やそのための活動の場の整備など、大学などにおけるスタートアップ創出機能のさらなる強化をめざして取り組んでまいります。

※1
大学発新産業創出プログラム(START)<大学・エコシステム推進型 スタートアップ・エコシステム形成支援>とは
令和2年7月に内閣府が選定した「スタートアップ・エコシステム拠点都市」において中核となる大学や機関が構成するプラットフォームが、アントレプレナーシップを有する人材の育成とスタートアップ創出へ一体的に取り組む活動を支援する事業です。大学から生まれる優れた技術シーズの実用化やアントレプレナーシップを有する人材の育成を強力に支援し、コロナ後の社会変革や社会課題解決に繋がる社会的インパクトの大きいスタートアップが持続的に創出される体制を構築することをめざします。
詳しくはこちら→【JST STARTスタートアップ・エコシステム形成支援】

※2
科学技術振興機構(JST)プレスリリース:
「研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム
<大学・エコシステム推進型 スタートアップ・エコシステム形成支援> 採択プラットフォームの決定について」

■KSAC 令和4年度GAPファンドへの応募について■
「令和4年度 JST 研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム(START) スタートアップ・エコシステム形成支援 起業活動支援プログラム(GAPファンド)」研究開発課題の募集について
<詳しくはこちら
(※一部大学におきましては、既に募集を締め切られている大学もございます。詳細は、各大学ホームページ(上記リンク先ページ内「参画大学(対象となる大学)へのリンク」先ページ)にてご確認をお願いいたします。)

ニュース一覧に戻る